メルカリグループをよりデータドリブンな組織にし、サービスを倍成長させる

メルカリグループをよりデータドリブンな組織にし、サービスを倍成長させる

Company
メルカリ
Tags
DataC2C

このissueを掲げている背景・理由

メルカリグループ全体をよりデータドリブンな組織にしていく

  • 社内にはデータの力が求められている領域がまだまだ多く存在しており、グループ全体としてアナリストの人数を増やすことで、よりデータドリブンな組織に強化していきたいと考えています。具体的には、プロダクト、マーケ、CRM、ブランディング、新規事業、ロジスティクス、カスタマーサポートなど幅広い業務でアナリストの活躍が求められています。
  • メルカリグループ全体のデータドリブン化は、全社のなかでも優先度が高いミッションです。経営陣からの期待も大きく、複数人を積極募集しています。
  • 具体的な例としては、以下のようなテーマに取り組んでいます
    • 検索エンジンや推薦エンジンの改善
    • オンボーディング体験の改善
    • マーケットの需要と供給のバランス分析
    • 新規事業の立ち上げ支援のための分析
  • データの活用が様々なプロジェクトやチームで求められている一方で、アナリストの絶対数がまったく足りていません。また、データの活用が手つかずの領域も多く、さらなるアナリストの活躍が求められています。

関連事例

分析の現場で起こっていることは?メルカリAnalytics体制のリアルを聞いてみた

分析組織のマネージャーが「プレーヤーとして」メルカリBIを選んだ理由

データで事業の未来を切り拓く、メルペイのData Analystチームとは?

このissueの魅力

一言でいうと、スタートアップと大手企業の“良いとこ取り”ができます。データは整備されているので課題解決に向けた分析に集中できますが、サービスの幅が広いのでデータによって価値を発揮できる領域は多く残されています。

社内外へのインパクトの大きさ

  • データアナリティクスチームは経営目標や事業計画をはじめ、全社に影響を与える役割を担っているため、各プロジェクトの難易度は非常に高いですが、その分だけ大きなインパクトを社内外に与えることができるポジションです。

多種多様なメンバー

  • 各社でマネージャーやヘッド、戦略コンサル/リサーチ会社/PdM/エンジニア出身等、多様な人材とともに自由闊達なディスカッションを経て提案を行っているメンバーが揃っています。また、スキルだけでなく、カルチャーや価値観も異なるメンバーが在籍しているからこそ、さまざまな視点から課題を捉え、議論できる環境です。難易度が高い課題に対し、果敢に挑める環境、そしてメンバーがいることがメルカリ・アナリティクスチームの醍醐味です。

データを用いた意思決定を重視

  • メルカリにはデータを用いた意思決定を重視する風土があります。あらゆる職種でデータが活用され、BigQueryのユーザー数は月間800人を超えます。このような多くのメンバーが所属する環境のなか、データ分析を大きく改善することでメンバーだけではなく、あらゆる事業の意思決定にもインパクトを与えることができる珍しいポジションです。

メルカリならではのユニークなデータ基盤

  • メルカリは、月間1,800万人以上のお客さまにご利用いただいており、日々多くの取引を生み出しています。
  • 大量のユーザー行動ログや取引データを利用しながら、日々の分析業務に取り組むことができます。また Merpay/Mercariのデータに一気通貫でアクセスして分析することも出来ます

幅広い領域に対する分析業務

  • メルカリは、買う側、売る側の行動に加え、金融サービス、カスタマーサポート、ロジスティックまで奥が深く幅の広いサービスです。
  • マーケ、新規事業、ロジスティクス、CRM、プロダクト、ブランディング、カスタマーサポートなど幅広い領域の分析に携わることができます。社内にはデータの力が求められている領域がまだまだ多く存在しており、一緒に新たな領域を開拓していきましょう。

担ってほしい役割・責任

全社方針/事業戦略のための分析

  • 全社方針への提言をするための横断的な分析
  • 事業シミュレーション、指標・目標数値策定・可視化支援
  • グロース戦略の構築・実行支援
  • 事業に重大な影響を及ぼす事象に対する定量分析と指針提案

顧客体験向上のための分析

  • 定量・定性データを用いた顧客課題の発見
  • 行動ログ分析に基づく課題解決へ向けた施策提案
  • 施策効果の事前シミュレーションと施策の優先順位付け
  • 成功指標の設計と実験計画の策定
  • 施策の効果測定とインサイトの導出

本issueへの社内メンバーからのオススメ

image

メルカリPdM マネージャー 與田 祐樹

メルカリの分析チームは、チームの司令塔として、PdM、デザインメンバーとともにお客さま課題、ビジネス課題を定量、定性調査をベースにし、プロダクト戦略ストーリーの構築を行う重要な役割を担っています。プロダクト開発を通した大胆な課題解決を強い意志で行いたい方におすすめのポジションです。

🙋‍♀️ このissueのスカウトを欲しい人は↓からキャリア情報を登録するだけ

issue clubについて詳しくはこちら 👈