コロナ禍におけるクリニックの経営改善に寄与するプロダクトをゼロイチで開発する

コロナ禍におけるクリニックの経営改善に寄与するプロダクトをゼロイチで開発する

Company
Ubie
Tags
Engineer

このissueを掲げている背景・理由

  • 医療機関向けサービスAI問診ユビーは今まで大規模病院(Enterpise)が顧客ターゲットでしたが、昨年より小規模クリニック(SMB)を新規にターゲットに追加しています。
  • クリニックのニーズは聞き取る問診の情報量や、患者の属性も病院とは異なり、新たな価値を提供する必要があります。また、コロナ禍において医療機関の患者をスクリーニングしたい、患者の集客が落ちて売上低下に困っているなど新規のニーズも生まれています。
  • これらの課題を解決するために新規ニーズを発見し、テクノロジーを用いて解決していくための開発が必要です。

これまでやってきたこと

既存プロダクトから次のステージへ

  • 今までは病院向けのプロダクトAI問診ユビーをそのまま流用するかたちで、少し機能追加しSMB向けにも提供していました。そのため、開発チームは当初は存在しましたがこれから再結成する予定です
  • 直近だと拡販の検証をしており現状は100以上のクリニックに導入されています
  • 一方でクリニックニーズに即したサービスは未だに少なく、更に拡大していくために課題発見、検証の重要性が高まっています

このissueの魅力

Ubie のネットワークの欠けたピースであるクリニック領域でゼロイチ開発ができる

  • ゼロイチで Product Owner とともに課題発見をしていくissue
  • クリニックにおける、集客装置、再診、予約機能、問診の最適化など様々なニーズに対して、アイデア出しから検証(MVP開発)が可能
  • リーンなプロセスで課題発見、課題検証のサイクルを高速に回す
  • マイクロサービスとして切り出されたサービスで高速に開発

担ってほしい役割・責任

アイデアだしからグロースまでゼロイチで立ち上げる

  1. プロダクト開発だけでなく、アイデア出しPBI (Product Backlog Item)の作成
  2. Product Owner を技術的な知識で支えて、最適なソリューションを提供する
  3. リーンプロセスにおける高速な検証を実現するための、PBI の分割

本issueへの社内メンバーからのオススメ

真の issue を発見し、自ら開発する楽しさ

image

クリニック領域 ソフトウェアエンジニア

八木 俊広 (@sys1yagi )

「クリニックの数は日本で10万ほどあります。Ubie が導入されているクリニックのお客様は現状でまだ100程度で、問診業務の効率化に関しては一定PSFしていますが、PMF へはまだまだこれからという段階です。

サービスのゼロイチフェーズはまずはどの課題から解いていくかスモールチームで一丸となって考えていいくところにスタートアップとしての楽しさが丸々詰まっています。」

🙋‍♀️ このissueのスカウトを欲しい人は↓からキャリア情報を登録するだけ

issue clubについて詳しくはこちら 👈