紙や電話から脱却し、UXに優れた現代的な電子行政サービスを発明する

紙や電話から脱却し、UXに優れた現代的な電子行政サービスを発明する

Company
グラファー
Tags
PdM行政

このissueを掲げている背景・理由

一人ひとりにとって正しく機能する、UXに優れた現代的な電子行政サービスを実現したい

  • オンライン申請など、スマホを使う人にとって当たり前と思える行政サービスを実現したい
  • 行政サービスを受ける上で電子的な方法が真っ先に思いつく社会にしたい
  • 「行政サービスがどんどん便利になっていく」と感じられる世の中にしたい

関連事例

このissueの魅力

自分たちの力で行政サービスを変えられる

  • 自分たちが利用したいと思える行政サービスの実現を主導できる
  • これまでどんな課題があって、なぜ実現できなかったかを理解し解決できる
  • プロダクトの課題設定から実装まで全領域において責任を持てる

担ってほしい役割・責任

マーケット課題を解決するプロダクト生み出し、顧客に価値を届けること

  • 事業開発部門と協力し、プロダクトで解くべきマーケット課題を特定すること
  • 特定した課題のソリューションを検証するMVPの実装・運用
  • MVP以降のプロダクトのグロースにおけるプロダクトマネジメント

🙋‍♀️ このissueのスカウトを欲しい人は↓からキャリア情報を登録するだけ

issue clubについて詳しくはこちら 👈