深層学習・機械学習・自然言語処理などを駆使して、企業のDXをリードする

深層学習・機械学習・自然言語処理などを駆使して、企業のDXをリードする

Company
Abeja
Tags
EngineerML

このissueを掲げている背景

あらゆる業界におけるDXの取り組みをデータサイエンティストとしてリードする

  • ABEJAは、DXとは「デジタル化と継続的改善により経営インパクトを生む行為」であると考えており、そこで重要な働きをするのがAIであると考えています。また、創業以来「実装にこだわる」ということを大切にしてきました。こうした考えに共感いただいたお客様とのDXの取り組みは徐々に増えています。

これまでやってきたこと

  • 製造・物流・インフラ・エンタメ・金融など、様々な業界のリーディングカンパニーと、需要予測・レコメンデーション・検品など多岐にわたるテーマのプロジェクトを行っています。
  • そのため、私たちが取り扱うデータは、画像・自然言語・音声・テーブルデータなど、多岐にわたっています。
  • 参考までに、これまでのプロジェクト事例の一部をご紹介いたします。
    • 倉庫内の梱包作業可視化と検品レス化(物流企業)
    • 製造ラインにおける作業者の動作測定(大手製造企業)
    • プラント内建造物等の腐敗度点検(大手インフラ企業)
    • 自社サービス内コンテンツの1to1レコメンド(大手金融企業、メディア企業)
    • 販売台数の需要予測(大手製造企業、大手通信キャリア)
    • 医療検査の自動化(大手医療機器企業)
    • 高度文書レビュー(製薬企業)

このissueの魅力

クライアントのDX戦略策定や課題設定の段階からデータサイエンティストとして関わることができる

  • クライアントの業界を絞っていないため、需要予測・レコメンデーション・検品など多岐にわたるテーマ、画像・自然言語・音声・テーブルデータなど多様なデータを取り扱うことができます。
  • また、より本質的なAI活用につなげるため、クライアントのDX戦略策定や課題設定の段階からDSに技術的な観点で議論に入っていただいています。

担ってほしい役割・責任

PoCプロジェクトにおける効果的なモデル開発や、実装をお任せいたします。

  • クライアントの課題に対する適切な技術的解決策の提案
  • 機械学習・ディープラーニングの実装
  • 国際会議、論文などによる技術調査
  • GCP、AWS、「ABEJA Platform」などへの運用ロジックの実装

社内メンバーからのオススメ

image

AIソリューション事業部

データサイエンティスト pao

「私の所属しているAIソリューション事業部では、クライアントの課題に合わせて、画像・NLP・テーブルデータなど多様なデータや技術を取り扱う必要があります。そのため、データサイエンティストは最新の手法も含めて学び続けることが必要不可欠です。こうした環境でデータサイエンスの力を高めていきたい方、ぜひ一緒に働きましょう!」