LINEのAIプロダクトを自然なUXとして社会実装する

LINEのAIプロダクトを自然なUXとして社会実装する

Company
LINE
Tags
PdMAI

このissueを掲げている背景・理由

LINEではAI事業を「戦略事業」として位置づけており、アジアNo.1のAIテックカンパニーを目指し、積極的に事業展開しています。

AIテクノロジーブランド「LINE CLOVA」として、音声認識、顔認識、画像認識、文字認識、自然言語処理、セキュリティなど自社で技術開発し、コールセンターのAI化や、デジタル本人確認(eKYC)、RPA/OCRなど、マーケットニーズ・ペインポイントが明確な領域を定め、急速に事業拡大を続けています。

また、新規事業分野としてGPT-3と同等規模(またはそれ以上)の超巨大言語モデル、本人確認を発展したDigital認証基盤の構築、それらを"公正"に実現するためのTrustworhy AI(信頼できるAI)の研究開発に取り組んでいます。

我々LINE AI事業の特徴は 世界トップレベルのAI技術を目指すことと、それによる事業を同時に開発していくことにあります。

しかしながら、B向けの音声応対AIサービス「LINE AiCall」や、オンライン本人確認eKYC、RPA/OCRなど、急速に高まっているマーケットニーズに対して、プロダクトを最高のUXで社会実装していくプロジェクトマネージャーが不足しております。

関連事例

  • LINE AIカンパニー事業紹介資料(speakerdeck)
  • LINEが描くAIの4つの近未来トレンド LINEのAI領域でのこれまでとこれから(logmi)
  • LINEが"人に寄り添ったAI"に投資を続ける理由 この1年を振り返る(ITmedia)

このissueの魅力

  1. 世界トップレベルのAI研究者や、非常に優秀かつモチベーションの高いAIエンジニアと一緒に仕事をすることができる
  2. 自社で開発している高い精度の要素技術をベースに、顧客やユーザーニーズと直に向き合いながら、ユーザー体験を社会実装していくことができる
  3. アジアNo.1のAIテックカンパニーを目標に、日本での成功を持って、海外展開を経験できるチャンスがある

担ってほしい役割・責任

法人向けのソリューション案件において、そのプロジェクトが成功するために必要なこと全て

  • 顧客ニーズとプロダクト機能をフィット/ギャップ分析し、開発する機能における優先順位付け
  • プロジェクトマネジメント(要件定義、スケジュール/リソース/タスク管理、品質管理、ロードマップ作成)
  • 定期的なプロジェクトレポートの作成/報告/共有
  • トラブルシューティング(テクニカルな問題が発生した場合、解決方法を探してリードしながら解決)
  • 開発の生産性向上のための業務支援(リソース管理、プロセス改善、会議主宰など)

本issueへの社内メンバーからのオススメ

image

LINE AIカンパニー AI企画室 中村浩樹

最先端のAI技術を活用して開発されたプロダクトを、顧客やユーザーニーズと直に向き合いながら社会実装していく事ができる役割です。「これからのあたりまえ」を創り出したい方をお待ちしています!

🙋‍♀️ このissueのスカウトを欲しい人は↓からキャリア情報を登録するだけ

issue clubについて詳しくはこちら 👈