10年で300事業を立ち上げるための開発プロセスと開発環境構築に挑戦する

10年で300事業を立ち上げるための開発プロセスと開発環境構築に挑戦する

Company
DMM.com
Tags
Engineer

このissueを掲げている背景・理由

より効率よく事業やサービスを開発、運用、拡大するうえでのベストプラクティスの集合を

  • 事業が立ち上がり続ける中で、変わっていく技術にも寄り添っていきたい
  • 事業を支えて、伸ばしていくための「当たり前」を技術で常に支えていく、そして新しい「当たり前」を自ら作っていきたい
  • 長らく運用されてきたプロジェクトを切り分け、影響箇所を抑えながら順次モダンな開発環境に切り離し、リプレイスしていくこともしていきたい

このissueの魅力

幅広い事業展開をおこなうDMMだからこそ、取り組むissueが全社規模で、解決したときのインパクトが大きい点は魅力。

  • DMMのアセットを活用した大胆な新規事業を経験できます。
  • データドリブンな新規事業立ち上げについての知見をご共有できます。
  • アーキテクチャ設計、ミドルウェア選定などは、一任されているので、自由な構築ができます。
  • 新プロダクトの構築の際は、積極的に新技術を採用しています。
  • ログ・メトリクス収集・分析基盤の構築も検討しており、設計段階から携われます。
  • 勉強会、トレーニングへの参加が奨励されており、現在導入している技術のスキルアップや、今後を導入検討している技術のトレーニングなど、会社負担で参加する事が可能です。

担ってほしい役割・責任

技術スペシャリティをもち、テックリードとしてサービスを牽引し、視座高く思考・決断をしてほしい。

  1. 新規事業立ち上げの推進 10年で300事業立ち上げるために、CTO室としては各事業部の新規事業の立ち上げをブーストできるような開発プロセスや開発環境の標準化を図っています。業務内容としては、実際に各事業部に入って新規事業の立ち上げに参加していただきます。ただ立ち上げを行ってもらうだけではなく、事業支援チームで新規事業を立ち上げる際の標準セットを作り、ブラッシュアップし、実際に導入していくところまでやっていただきます。 例えばサーバーサイドが得意な方には、API設計、DB設計やインフラの整備まわりでリードをとりつつ標準セットを構築してもらい、またステークホルダーやチームメンバーとコミュニケーションをとり、どういった開発プロセスが適切なのかについてもイニシアチブをとってチームを引っ張ってもらうといったことを想定しています。
  2. 既存事業のモダン化 DMMの既存事業の中には、20年を超えて稼働しているサービスがあり、それらはDMMの売り上げの多くを占めております。ユーザー規模が大きいため、1つの改善施策だけでもインパクトは絶大です。そういったサービスでの多くの改善施策を回していくためにも、安全に早くリリースする基盤を整える必要があります。業務内容としては、アーキテクチャ設計、ミドルウェア選定から理想の標準セットをチームで作るリードをしていただき、実際に各事業部でリアーキテクチャ支援に入っていくことを想定しています。働き方としては、新規事業立ち上げの推進の方と大差はありませんが、会社からの注目度も高いなかで、目に見える結果がすぐ出やすいため、大きなやりがいを感じることができます。

求人詳細/エントリーはこちら

🙋‍♀️ このissueのスカウトを欲しい人は↓からキャリア情報を登録するだけ

issue clubについて詳しくはこちら 👈