クックパッドで次の100年のスタンダードになる新たな生鮮食品ECプラットフォームを開発する

クックパッドで次の100年のスタンダードになる新たな生鮮食品ECプラットフォームを開発する

Company
クックパッド
Tags
EngineerBackend

このissueを掲げている背景・理由

日々の買い物の課題を解決するために立ち上げた、生鮮食品ECプラットフォーム「クックパッドマート」をより便利にして、課題解決をめざす

  • クックパッドはこれまで「レシピ」という解決手段を通じて、料理を楽しみにするきっかけを生み出してきました。しかし、「毎日の料理を楽しみにする」にはレシピのみでは不十分でした。
  • 生活者にとって、食材を1箇所で揃えることのできるスーパーはとても便利な一方で、自宅周辺スーパーの品揃えに食生活が依存してしまい、本当はもっと新鮮な魚が食べたいけど諦めるなど、食生活に物足りなさを抱えている人もいるという問題があります。
  • 品種や鮮度にこだわりのある生産者の中には、販売チャネルが少なく手間がかかることなどにより、結果として商品が一般生活者の手元へ届きにくくなり大量生産の商品との競争が難しくなっているのが現状です。
  • クックパッドマートでは、そんな日々の「買い物」の問題を解決し、食の生産者が経済的に自立し、やりがいをもてるようなプラットフォームを目指しています。

これまでやってきたこと

「毎日の料理を楽しみにする」ために「次の100年の仕組み」を考える

クックパッドマートで “社会を変えるサービス” にチャレンジしている理由

ソフトウェアの会社が開発速度を保ったまま、ハードウェアの自社開発に挑むということ

このissueの魅力

次の100年の仕組みをつくる

  1. 次の100年のスタンダードになる「食」の流通をつくることができる
  2. 食品の年間流通総額は20兆円以上と言われていおり、そんな大きな市場の課題解決にトライすることのできる基盤がある

グロースフェーズにあるプロダクトにジョインできる

  1. Webアプリ/API開発のみではなく、配送車の積載キャパシティ管理、生産者のオペレーション、ステーションでのスマートロックなど、実世界でのモノやヒトの動きを意識して、どのように設計・実装を行っていくべきかを考える点が、エンジニアとして腕の見せ所。
  2. 事業拡大に伴って、既存の仕組みをスケールアウトさせる局面に入っており、技術的にも面白い課題がごろごろ転がっています。

担ってほしい役割・責任

クックパッドマートの流通基盤を整えていけるサーバーサイドエンジニア

  1. クックパッドマートの流通基盤はまだまだ発展途上で、「これが正解」がない状況です。そんななかでTry & ERRORを繰り返しながらサービスを一緒に成長させてほしいです
  2. こだわりの食材を生産者から生活者に直接お届けするための全過程の仕組みづくりを先頭に立って推進いただきたい

本issueへの社内メンバーからのオススメ

ゼロベースで生鮮食材の最高の流通を実現する

image

買物プロダクト開発部 部長 勝間亮

「料理に関する日々の買物をもっともっと楽しくしたい。」

これは、事業の立ち上げのタイミングから私たちがずっと取り組んでいるIssueです。このIssueを解決するためにも、流通をどのように実現するかは、事業観点でも技術観点でも非常に重要な領域です。既存の流通の仕組みを参考にしつつも、

  • 事業的にスケールする流通モデルはどのような形か
  • 流通におけるドライバーのオペレーションも現実的に運用できるものはどんな形か
  • ユーザーや生産者のためのサービスと密結合になりすぎていないか

など、エンジニアはもちろん、オペレーションの運用スタッフや商品を運んでいただくドライバー、商品を用意いただく生産者など、さまざまなプレイヤーを理論的にも現実的にも考慮したモデルを設計、実現する、非常に難易度が高い開発になります。一方で、このような流通モデルが実現できた際に、世の中に与えられるインパクトは非常に大きなものになると、私たちは確信しています。まだ世の中にない生鮮食材の最高の流通を、ぜひ私たちと一緒に実現していきましょう!

🙋‍♀️ このissueのスカウトを欲しい人は↓からキャリア情報を登録するだけ

issue clubについて詳しくはこちら 👈