大量の金融データに眠るユーザー課題を発見し、お金の悩みを根絶するプロダクトのゼロイチに挑戦する

大量の金融データに眠るユーザー課題を発見し、お金の悩みを根絶するプロダクトのゼロイチに挑戦する

Company
マネーフォワード
Tags
PdMFinTech

このissueを掲げている背景・理由

誰しもが抱えるお金の悩みを解決し、人生をもっと前へ進めたい

  • ユーザーの金融データには課題が眠っている。ユーザー自身が課題と捉えていないことすらも発見し得る。
  • ユーザーが課題に向き合うことを手助けしたい。
  • 向き合った課題に対峙する手法を提供したい。
  • 現在、将来における資産形成の手助けをしたい。
  • データに眠る意味を見出し、人生をもっと前にすすめるサービスの提供をするためのissueです

関連事例

1年半で5サービス。課題解決への圧倒的なスピード感

FPへの相談サービス、転職支援サービス、家計のアドバイスサービス、固定費削減サービスなどのソリューションの提供を少人数で高速リリース。

このissueの魅力

解決すべきユーザーの課題=自分自身の課題にできること

  1. 自身がお金に対して思う「こうだったらいいのにな」は万人に共感されうる社会的課題であることが多いです。なのにソリューションの数が少ないということはビジネスとしての実現難易度が高い証拠とも言えます。
  2. 自分の課題にすぐ跳ね返ってくるサービスを開発する機会こそが最大の魅力です。

担ってほしい役割・責任

どのフェイズにも対応できる究極のジェネラリスト

  1. フェイズの異なる複数のサービスがあるので新規立ち上げからグロース、場合によってはクローズ対応など、どのフェイズにおいても対応できる能力
  2. プロダクトビジョンとロードマップの作成し、それらをチームに浸透する
  3. ユーザーの抱える課題の発見し、解決策の具体的プロダクトイメージを提示する

本issueへの社内メンバーからのオススメ

自分のお金の課題を、迷いなく思い切り解決できる

image

個人向け事業 CXO 久冨伸彦

裁量が大きく、思う存分やりたいことが実現できる環境が魅力です。

また、自ら経験したお金の苦い経験を、迷うことなく思い切り解決できることで、よりやりがいを感じられるはずです。

🙋‍♀️ このissueのスカウトを欲しい人は↓からキャリア情報を登録するだけ

issue clubについて詳しくはこちら 👈