店舗に設置したカメラやセンサーを通じて取得したデータをAIで解析し「店舗の今」を見える化する

店舗に設置したカメラやセンサーを通じて取得したデータをAIで解析し「店舗の今」を見える化する

Company
ABEJA
Tags
EngineerML

このissueを掲げている背景・理由

Afterコロナに向け、変革を迫られている小売業界をデータの力で変える

  • 「ABEJA Insight for Retail」は小売流通業界に特化した店舗解析SaaSです。小売業の店舗にカメラやセンサーを設置、AIを活用して「店舗の今」をデータ化しています。
  • 新型コロナウイルス感染症の影響により変革を迫られている小売業界は、これまでデータ活用が進んでこなかった業界でもあります。機械学習エンジニアとして本プロダクトのモデル開発とプロダクション適用に関わり、小売業界の変革を一緒に実現しませんか?

これまでやってきたこと

  • 小売店舗に設置したカメラやセンサーを通じて取得したデータをAIなどによって解析、来店人数、店前通行人数、年齢性別推定、リピート推定、動線分析など、実店舗における来店から購買までの顧客行動をデータとして可視化しています。
  • 現在稼働しているIoTデバイスは1,500台超。「小売・卸売AI市場」「マーケティングAI市場」分野において、2年連続のシェア1位のプロダクトです(ミック経済研究所調べ)。

このissueの魅力

1,500台超のIoTデバイスから習得される動画像データを活用し、モデル実装を行う

  • 「ABEJA Insight for Retail」は、毎日1,500台超のIoTデバイスから動画像データを取得しており、その台数は日に日に増えています。
  • 画像データを使ったモデルの実装を行いたい方、AIのプロダクション適応と継続的改善に取り組みたい方にオススメです。
  • また、現在プロダクトの新機能開発中です。異なる専門分野のメンバーとコミュニケーションを取り、周囲と協力しながらプロダクト開発を進めていただきます。

担ってほしい役割・責任

機械学習を駆使し、「ABEJA Insight for Retail」の開発をエンジニアやBizDevメンバーと協働しながら推進する

  • 各種IoTデバイスから取得した大量の画像データに対する機械学習の適用
  • そこから生成されるデータに対する時系列解析・異常検知・因果推論などのモデル構築
  • サービス運用を通じて得られるデータ・知見を用いた継続的なモデル改善

本issueへの社内メンバーからのオススメ

image

リテール領域システム開発グループ マネージャー 三浦悠太

「「ABEJA Insight for Retail」は多様な専門性を持ったメンバーが活躍しているチームです。その中で、機械学習のプロフェッショナルとしてこのプロダクトのML領域を引っ張っていただける方を探しています。ABEJAには2つの事業部があり、MLエンジニアやデータサイエンティストが多数在籍しています。そうしたメンバーとも情報交換をしながら開発を進めることができるのも魅力の一つだと思います」

🙋‍♀️ このissueのスカウトを欲しい人は↓からキャリア情報を登録するだけ

issue clubについて詳しくはこちら 👈